サイトアフィリエイト

サイトアフィリエイトの種類と手法について【考察】なぜ、ホワイトハットでASPアフィリエイトなのか?

投稿日:2018年11月27日 更新日:

サイトアフィリエイトの手法や種類についての考察
ポチ丸
どうも、ポチ丸です。アフィリエイトサイトの作り方について2記事目となります。今回は、サイトアフィリエイトの種類と手法について考えて行きます。

ちなみに、ここではどんなアフィリエイトサイトの作り方を説明するかと言いますと、

  • 特化型ブログ(専門性の高いサイト)で、
  • WordPressで、
  • ASPの広告をメインに取扱い、
  • 楽天アフィリやamazonアソシエイト、アドセンスなども併用し、
  • 100記事以上の大きなサイトを目指す、
  • 量産や中古ドメインで被リンク、ということはしない
  • 特単がもらいやすく、ASPからもいろいろ優遇してもらえる
  • 資産となるアフィリエイトサイト

の作り方になります。

 

結局、特化型ブログ(専門サイト)から買ってませんか?

特化型ブログって、どんなイメージでしょうか。

 

あなた自身の行動を振り返って欲しいのですが、例えば育毛剤を買おうとした時に

  • A:「育毛剤を徹底的に調査!年代別、症状別、部位別に最適な育毛剤の情報を発信中!」
  • B:「社畜のリーマン、ど田舎から上京して20年、今日もなんとか生きてる男の徒然日記」

どちらでも同じ育毛剤が紹介されていたら、どちらから買うでしょうか?僕なら、迷わずAから買いますね。

 

現状を少しでも良くしたい、その思いに対して何かを提供し、対価をいただくのがビジネス、そして、その流れの中に組み込まれているのがアフィリエイトであり、アフィリエイターだ、という話は、前回の記事でしました。

【資産】アフィリエイトサイトの作り方【ゴミサイトじゃない】まずはマインドセット的なものをどうぞ!

 

アフィリエイトをビジネスとして捉えるからこそ、専門的な情報をわかり易く噛み砕いて、実体験に基づいて、発信するのがアフィリエイターの役割です。

だからこその、特化型ブログです。

 

ASPアフィリエイトにアドセンス思考を取り入れるとハマる罠

キーワードの考え方

キーワードの考え方はASPアフィリとアドセンスはちょっと違う(要注意)

特化型ブログというと、アドセンスを想像してしまいますが、要は専門性の高いサイト、ということになります。

 

もちろん、自分をブランド化できるような、顔出しOK!喋りもグー!というような人は、ブロガーとして自分を売るようなやり方をするのも良いと思います。その場合には、ごちゃ混ぜブログであってもOKで、そのかわりあなたのブランドというものがあればこそですね。

 

ここで、切り離して考えていて欲しいんですが、キーワード選定とか、サイトの立ち位置とか、何を書くのか、というところは、アドセンスとASPアフィリエイトは違うものとして考えた方が、ヤケドしなくてすみます(笑)

 

ASPアフィリエイトの場合は?

ASPアフィリのキーワードの考え方

ASPアフィリのキーワードの考え方

説明し難いんですが、わかりやすく極端に言いますと、ASPアフィリエイトは、狙ったキーワードに対して、ライバルに勝てるようにしっかりと必要なコンテンツを書いて上位表示させ、訪問してもらい、きっちりとその次への”行動”をしてもらう必要があります。

 

もちろん、その”行動”とは、レビュー記事ならあなたのアフィリエイトリンクをクリックして、公式サイトの販売LPへ飛んで行ってもらう、というのがとってもらうべき”行動”になります。

 

ここで、多くのアフィリエイターがやってしまっていることが、自分のレビュー記事で売ろうとすることです。

 

確認しますが、アフィリエイターは何を役割と期待されているか?それは、プロが作った販売LPに誘導すること、最後にポンっと肩を押して連れて行ってあげること、ここまでです。

 

それだけです。

 

あなたは、やってませんか?「今なら最安値で買えますよ!期間限定です!急いで!」とか、「本当にボーボーになります!たった1ヶ月でボーボーです!」ってやつを(笑)

 

そうでうはなく、「実際に試してみて、実感できているし、安全性も高いし、超おすすめです。僕はここで買いました。今なら20%OFFで買えるみたいです。公式サイトへは、ここから行けますよ。」ポンっと言う感じです(笑)

 

まあ、グイグイ売るな、ということです。販売LPは企業が大金を払って最適化されたものです。僕たち販売の素人が同じことをする必要はありません。メリット・デメリット、買った後に得られる未来、そこを伝えれば良いんです。

 

アドセンスの場合は?

AdSenseのキーワードの考え方

アドセンスをやる時のキーワードの考え方

一方、アドセンスは、次へ進むべきとってもらう”行動”とは、アドセンス広告をクリックしてもらうだけです。それで、自分に報酬が発生します。

 

目的達成です。

 

そして、キーワードに関して言えばアドセンスは、ずらしたり、広げたり、いろいろ角度を変えて、無風状態のライバルのいないキーワードを探して、それに対して記事を書いていきます。そして、訪問されたら目についた広告をクリックしてもらう。

 

これが収益までの道のりです。

 

この違いを理解しておかないと、ASPアフィリをやっているのに、ずらしキーワードの迷路にハマってしまい、キーワード鬱になってしまいます(笑)

 

しっかりとアクセスの来る検索されているキーワードに対して、ちゃんとした記事を書いて、次の行動を促す。これがASPアフィリエイトの時にやるべきことになります。

 

誤解のないように加えておきますが、アドセンスをやっている人たちがキーワードに対して意識が低い、と言っているわけでは決してありません。報酬が発生する仕組みの違いで、キーワードを設定した結果、狙ったキーワードで上位表示した時にランダムな広告をクリックされるか、広告主の販売LPへ誘導するのか、この違いで、キーワードを選定する時に視点が違ってくる、ということです。

 

楽天やamazonは?

楽天・amazonアフィリのキーワードの考え方

楽天アフィリやamazonアソシエイトをやる時のキーワードの考え方

楽天やamazonのアフィリエイトの場合は、基本的にASPアフィリエイトと同じです。

 

ただ、レビューの段階で、必ず自腹購入をおすすめしていますが、ASPの商品やサービスの場合、自分で買うときも高額ですが、楽天やamazonの場合には、商品やサービスの価格は安くなります。それだけの違いで、記事を書くためにやることは同じです。リアルな詳細レビューを書きましょう。

 

いつからかになるか、定かには知りませんが、楽天アフィリにおいてのクッキーが有効な期間が30日から24時間に変更になるようです。これって、一度あなたの楽天アフィリリンクをクリックした人が30日間の間に、楽天でお買い物をしてくれれば、そこで発生する楽天アフィリ報酬は、あなたのものになります、ということでした。だから、とにかくクリックさせよう、というやり方ですね。

 

ところが、その期間が24時間ということになれば、ちゃんと商品のことを調べてレビューしておすすめしないと、買ってくれないわけです。24時間のクッキーですから、切れる前に買ってもらわなければいけません。

 

そこで、必要になってくるのは、ちゃんと公式販売LPへ誘導すること、になってきます。

 

ASPアフィリエイトが、サイトアフィリエイトの基本中の基本だということはおわかりいただけましたでしょうか?

 

はい、さすがです(ニヤリ)

 

CMSはWordPressを使います

CMSとは?

HTMLやCSSのようなWebサイトの制作に必要な専門知識を必要とせず、テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことが出来るシステムのことです。 CMSを導入することで、Webページの作成や更新を簡単に行うことでき、初心者でもWebサイトを運用することができます。

引用元:CMSとは

アフィリエイトサイトを作るためのシステムですね。これは現時点では、WordPressを使っておくことで、他の事は考えなくて良いです。

 

マット・カッツ(Matt Cutts)さんという、Googleの検索エンジンを開発する部門の責任者の一人(現在は退職)は、講演で次のように語っています。

WordPress is a great choice

WordPress automatically solves a ton of SEO issues.

WordPress takes care of 80-90% of
(the mechanics of)
Search Engine Optimization (SEO)

(意訳)
ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。

なぜなら、ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEO(サーチエンジン最適化)の手法の80%~90%に対応するように作られているからです。

引用元:Google検索の責任者やSEOの天才も認めるWordPressのSEO効果

これくらいのことがわかっていればOKだと思います(笑)

 

あと、個人的には、独自ドメインでレンタルサーバーを借りてサイトを作り始めた時にお世話になったのが、『SIRIUS』ですね。まだ、本格的なサイト作りに慣れていない場合には、SIRIUSを使うのも選択肢に入れても良いのではないかと思います。

 

実際に、SIRIUSで作ったサイトはちゃんと上位表示していますので、問題ないと思います。小規模のサイトをたくさんつくりたいときには便利ですね。WordPressより、設定も少なくて済むので、早くサイトが作れます。

 

将来的にはある程度大きなサイトに育てたい

あなたは、100記事以上あるサイトを持っていますでしょうか?

 

よく、100記事を1サイトに詰め込んでも、成功するかどうかわからないのに、危険すぎる賭けですね、みたいに言う人がいます。

 

僕から言わせれば、100記事を”しっかりと作り込んでいけば”、ほぼ、失敗はないです。”しっかりと作り込んでいけば”の話ですよ(笑)

 

どこかのアフィリエイトの記事をコピペしてリライトしたような記事を10記事で10サイト、こんなことしている方がよっぽど無謀な賭けです。10サイトすべてが失敗に終わる可能性のほうが高いです。

 

ASPアフィリエイトで大きく稼ごうとすれば、30記事、50記事、100記事と、じっくりとサイトを育てる必要があります。

 

僕の教材の『THE FOCUS』の個別サポートをしていても、記事数が多くても1記事1記事がコンテンツ量が少ない人はなかなか稼げません。しかし、記事数は、30とか50でも、1記事1記事をしっかりと書いている人は、10万とか30万、50万と稼げています。

 

これが、しっかりと狙ったキーワードで上位表示を目指すような記事を書いていく、ということなんです。検索で順位が上がるかどうかなんて相対的なものです。ライバルがいて、自分の記事がある、どっちが良いでしょう?ということですから、ライバルサイトとも向き合い、もちろん、訪問者が必要としていることも書いていく、ということですね。

 

そして、きちんと記事を書いて、コツコツと上位表示させていけば、ドメインは強くなりGoogleからの評価も高まります。

 

そうなれば、ドメインパワーでライバルに勝ちやすくなってきます。

 

そのためには、ある程度のサイトの規模が必要です。

 

その規模になるまでに、報酬が発生せずに、我慢できずに手を止めてしまう人が多いです。実に残念ですが、そこを超えて頑張って欲しいと思います。

 

量産や中古ドメインで被リンク、ということはしない

ペラや、少ない記事数のサイトが全く稼げないかといえばそうではないです。ペラサイトで稼いでいる人も多くいます。ですが、将来的にどっしりと大きなサイトを持っておいたほうが、ASPとの特単交渉などにも影響してきます。今、ASPや広告主は、Googleの影響を受けない自作自演のブラックSEOではない、ホワイトハットの安定して稼ぐサイトとビジネスをやりたがっています。

 

そう遠くない未来に、誰でもアフィリエイトができるような状況も終わるかも知れません。

 

あなた:「え~、なんで提携解除ですか!?」

 

ASP:「広告主が、量産しているサイトには広告を載せたくない、と言ってるんです。あなたのサイトはそのようなサイトばかりなので、アフィリエイトタグを発行出来ません。」

なんてことになるかも知れませんよ(怖)

 

いろいろな場面で、今後はブラックSEOというものはやりづらくなっていくでしょう。

 

GoogleのAIの進化はものすごいスピードで起こっています。

 

自作自演がバレないとか、あり得ません。

 

よく聞かれます。

「やっぱり、ちょっと中古ドメインからリンクを送った方が良いと思うんです。その方が上がりやすいと思うんですが、どうお考えでしょうか?」

 

答えは簡単です。その質問をしている人が稼げてませんから。

 

実際に、被リンク、量産で稼いでいる人は多くいます。

 

でも、僕はそこにいなくて良いんです。ブラックSEOで6,000サイト作りました。作っては飛び、作っては飛び、気付けば資産と言えるサイトはナシ…もう、そこにいなくていいんです。

 

「いや、そんなこと言っても、被リンクのないサイトアフィリって(笑)」という人は、縁がありませんでしたね。でも、実際に、僕はそういった事はせずに稼いでいますし、教材の『THE FOCUS』を実践して健康系でも初報酬をGETした人も多くいます。報酬が10倍になった人もいます。

 

だから、ここでは、量産、被リンク(自作自演の)、中古ドメインの話は出てきません(笑)

 

特単がもらいやすく、ASPからもいろいろ優遇してもらえるサイト

僕のアフィリエイトサイトの作り方では、ASPからの連絡が非常に増えます。

  • ご紹介したい案件があります。広告主が貴サイトに広告を貼って欲しいと申しております。
  • ぜひ、1位の案件を特単にて、お付き合いいただきたいのですが!
  • 特単でのお誘いです。商品提供いたしますのでレビュー記事を書いていただけませんでしょうか!?

こういうの、来ますか?

 

こういう連絡が来る、サイト作りをしていくと、気がつけば特単だらけになります。デフォルトだと10万円の報酬だったのに、特単になっただけで30万になった、ということはザラです。普通にあります。

 

どういったサイトならそうなるか?

  • ホワイトハット
  • 豊富な体験談記事
  • サイト全体の一貫性(おすすめにポリシーがある)
  • 煽って売らない
  • 運営者などが明確(どこの誰が運営しているか?連絡がとれるか?)

こんな感じのサイトなら、広告主やASPから好かれます(笑)

 

で、こんなサイトの作り方を話してます。

 

気がつけば、資産となるアフィリエイトサイトが構築されている(嬉)

ここまで書いたようなことをやっていくと、資産となるサイトがいつのまにか出来上がります。

 

こう考えて欲しいんです。量産で、稼いでは飛んで稼いでは飛んで、を繰り返して、気がつけば手元には稼ぐサイトが残っていない、こんなアフィリエイターが、今は多いと思います。

 

ところが、みんなが目先の報酬に一喜一憂している間に、半年頑張って構築したサイト、これはなかなか報酬がぶっ飛ぶ事はありません。多少の上下はあっても、コンスタントに稼ぎ続けてくれます。

 

そして、こういったサイトは、更新頻度は恐ろしく落としても稼ぎ続けてくれます。

 

例えば、1週間に1記事アップすれば上等です。1ヶ月に1記事でも良くなってきます。そうなれば、新しいサイトを立ち上げます。育てます。更新頻度が落ちます。次のサイトを起ち上げます。

 

という感じでいけば、人生で5サイトくらいなら全力で取り組めませんか?そこまでいけば、どんどん資産価値も上がっていきます。『サイトの売却』というのもありですね。ここで、注意しなければイケないのは、ブラックSEOで汚れたサイトは売れない、ということです。全く売れないことはありませんが、安く買い叩かれます。

 

それに引き換え、ホワイトハットで収益が上がっているサイトは、驚くほど高値で売れます。

 

まとめ

 

そういった、資産価値としてのサイトの考え方も出来ますね。

 

そして、ASPの高単価な報酬を得られるサイトのほうが、高く売れます。

 

と、ここまで考えれば、ホワイトハットで作り込んだだサイトを構築することが、賢い選択だとわかっていただけると思います。

 

そろそろ、本気でアフィリエイトとは何か?役立つサイトとは何か?ということを真剣に考える必要がありますね。裏技で、一発大逆転!とか、考えないほうが良いですね(笑)

 

ではでは、このへんで^^

 

ポチ丸の個別サポート募集中です! 詳細はこちら

 

 

メルマガ登録で期間限定プレゼント♪

  • この記事を書いた人

ポチ丸

当ブログ管理人。9年間稼げなかった元クソアフィリエイター。ホワイトハットで月100万円稼げるようになったのは3年前のこと。サイトアフィリでじっくりと育てる手法でやってます。プラスして、サイトアフィリと情報発信で稼ぐ仕組みを作りました。   ・運営方針とか   ・詳しいプロフィールはこちら  

-サイトアフィリエイト
-

Copyright© ポチ丸のアフィリエイトで稼ぐ仕組みの作り方│ポチログ , 2018 All Rights Reserved.