【SSL化】10月にGoogleが更にhttpsでないサイトに制裁を加えるようです。

SSL化を急ごう SEO

 

※メルマガタイトル:【SSL化】さらにGoogleが本気を出すようです。

2018年9月5日配信分。

メルマガバックナンバーです。

 

こんばんは、ポチ丸です。

 

台風21号であちこち大変な事になってますね。
大丈夫でしたか?

被害に遭われた方にはお見舞いを申し上げます。

ポチ丸宅はと申しますと、
台風は真上を通って言ったんですが、
この前の20号の方が風が凄かったんですね。

台風の進路の右側が被害が大きのだそうで、
今回の21号で言えば和歌山、大阪、
京都がひどかったようですね。

ごめんなさい、
関東の方はわからないんですが、
どこも進路に対して右側の地域が被害が多かったようですね。

我が家は、真上を通りましたので
右側ではないので、それほどでもありませんでした。

進路の右側に当たる時は特にご注意を。

 

「ま、いっか」では済まされないSSL化

さて、今日はSSL化についてなんですが、
「はいはい、7月に散々聞きましたよ。」
という方も多いと思いますが、

あなたの稼いでいるサイトが
もし!まだSSL化してないなら
今度はヤバイですよ(キリ)

えっと、まずどうなるのか?ですが、

【7月リリース:Chrome68の場合】

まだ、HTTPが使われているサイトには
警告としてグレーのアイコンと
「保護されていない通信」の警告文字が表示されていた。

(これは、まだHTTPサイトの存在を容認している状態です。)

【9月リリース予定:Chrome69の場合】

HTTPSのサイトの緑の鍵マークがグレーになり
「保護された通信」という表示がなくなる。

(HTTPSであることが前提、と言う方向に向かっています。これは、Googleが本気を出す前の準備段階です。もっと恐ろしいことが待っています。)

【10月リリース予定:Chrome70以降】

まだ、HTTPを使っているサイトには
グレーの文字⇒赤文字と三角アイコンで
「保護されていない通信」と警告文が
表示されるようです。

(Googleが本気を出すようです。)

これ、行き着くところ、
HTTPサイトは、そもそも表示されなくなることも
あり得ない話ではなくなってきたんじゃないでしょうか。

意外と、このChromeの動きを
軽く見ていると将来的に
致命傷になることはご存知でしょうか?

HTTPSにしていない状態、
これは、

・家賃を払ってない
・住宅ローンを延滞している
・キャッシングの支払いを延滞中
・給食費を滞納中
・銀行の返済を延滞中

こういった状態と同じなんだそうです。

え?イマイチわからない?

上の5つって、
仮にすべて払っても、
滞納、延滞した事実は残りますよね?

SSL化してないのも同じこと。

安全性に対する対応を怠った

という状態なんです。

そう、Googleからすれば
永遠に安全対策を怠った運営者、
というレッテルが貼られるらしいです。

そうです、すでにHTTPのサイトの運営者さんは
安全性の意識の低い運営者、と
Googleにレッテルを貼られているんですね。

すでに、HTTPS化しているサイト運営者とは
スタートラインでハンデを背負って
サイト運営を行っていくことになります。

家賃でも、滞納した事実は消せなくても
できるだけ早く払えば、温情もあるってもんです。

なので、もう待ったなしです!

まだ、SSL化してないサイト運営者さんは
このメールを閉じてすぐに対応に動きましょう。

SSL化を依頼すると費用はどれくらい?

・難しくて自分でできない…
・忙しくて時間が取れない…

という方は専門家に頼みましょう。

ココナラで、WordPressだと
3,000円から5,000円くらいで
なんとかなりそうですよ。

ココナラ「SSL化」

 

SSL化してないとSEO的にどうなの?

おさらいですが、
SSL化をやってない、というのは
『安全性の低いサイト』と見られるのではなく、
『安全意識の低い運営者』と見られる、
ということです。

SEO的にどうなのか心配してる場合じゃありません。
SEO的に良いハズもありません。

更に、自分の他のサイトに
影響が出ないとも限りません。

まだ、SSL化してないサイトを
持っている場合は、早めに対応しましょうね。

SSL化ってなぁ~に?
という方は、ググりましょう(笑)

今日はこの辺で、

ではでは^^

今日のメルマガが
何かのお役に立てましたら、

ぜひ、こちらからランキングへの
応援ポチをお願いいたしますm(_ _)m

励みになります!

 

コメント