【アフィリエイト】初心者は”新着商品”を選べば稼げるのか?

アフィリエイト初心者は新着商品なら稼げる? サイトアフィリエイト

※2018年7月8日配信のメルマガです。

メルマガタイトル:初心者は『新着商品』を選べば稼げるのか?

メルマガバックナンバーです。

 

ポチ丸です。

雨がまだまだ降っていますが
あなたのお住いの地域は大丈夫でしょうか?

ポチ丸の住んでる地域も大雨特別警報が出されていました。

川より高い位置に家があること、
川からは数キロ離れていること
近くに崩れるような崖がないこと、
周りは田んぼが多く用水路がたくさんあること、

などが幸いして大きな被害に遭うことはありませんでした。

心配して、メッセージをいただいた
皆さんには心から御礼を申し上げます。

また、被害に遭われた方には
心よりお見舞いを申し上げます。

 

さて、今日もメルマガ読者さんから
いただいた質問をシェアして行こうと思います。

Sさんからのお問い合わせです。

▼Sさん質問ここから==========

こんにちは、はじめまして。
まだ笑からメルマガ登録させていただきましたSと申します。
「稼げるジャンル教えます」というメルマガを読んで質問があるので、よろしくお願いします。
ジャンルから入るとありましたが、その中で上位のサイトが紹介している案件を扱うという事は結局、案件からアフィリする(商標サイト)ってことなんじゃないでしょうか?
私もブラック手法で中古ドメインを購入して商標サイトで作成していますが、4位にいても売れません。
初心者は新着商品から選べばいいという情報から新商品をアフィリしているのですが、そもそもその商品が今後売れるかどうかわからないので、順位が下がってきた時に記事を追加していけばいいのか、それはほっておいて次々商標ぺラサイトの量産をしていけばいいのかわからない状態です。
出来れば一つのサイトをじっくり育てていきたい方なので、今の手法はあまりやる気が起こらないのが現状です。
それに中古ドメイン代やIPサーバー分散用のサーバー代もかかるし、サイトが増えすぎて管理できなくなるのではと懸念しています。
でも稼ぎたい気持ちが強いのでやっています。
長々申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

▲Sさん質問ここまで==========

 

ジャンル選定や、カテゴリー分け、
案件選びについては、メルマガでも
何度か触れているんですが、こうお答えしました。

▼ポチ丸お返事ここから==========

Sさん

こんにちは、ポチ丸です^^

お問い合わせの件について説明していきますね。

>ジャンルから入るとありましたが、その中で上位のサイトが紹介している案件を扱うという事は結局、案件からアフィリする(商標サイト)ってことなんじゃないでしょうか?

これに関しては、
ジャンルを決めて、この場合は
サイト名には商品名は含めません。

“育毛”ジャンルに参入するなら
【薄毛 対策】や【抜け毛 予防】などを
サイト名、トップページで上位表示を狙います。

次にカテゴリーでもう少し細分化していきます。

┌【薄毛 対策】
├『育毛剤』
├『スカルプシャンプー』
├『サプリメント』
├『育毛日記』
├『自宅でできる薄毛対策』
└『コラム』

トップページの下に親カテゴリーをこのように配置します。

その後で、子カテゴリーを配置しますが以下の通りです。

┌『育毛剤』
├・育毛剤A
├・育毛剤B
├・育毛剤C
├・育毛剤D
└・育毛剤E

となります。

ここで、数種類の育毛剤を
紹介・レビューすることは問題ありませんが、
メインで売る商品を決めておく必要があります。

なぜかと言いますと、
それを決めておかないと
サイトのコンセプトがブレブレになってしまうからです。

「育毛剤A」がおすすめ!と言った次の記事で
「育毛剤B」がおすすめと言うと
訪問者からすれば「一体、どの育毛剤が一番いいの?」
と疑問が湧いてしまいます。

そこで、「育毛剤A」をメインに売りたいものに設定しておけば、
「育毛剤A」の方がこういった点でおすすめですが
コスト・パフォーマンスを考えると
「育毛剤B」も良いと思いますよ、という説明ができます。

ただ、闇雲に商品をおすすめするのではなく、
メインの商品に対して、この商品はどこが優れて、
どこが劣るのか?そういった根拠を持っていれば
いろんな商品を紹介しても訪問者は違和感を感じないわけです。

サイトタイトルでは商品名は狙いませんが
カテゴリーや個別記事ではガッツリと商標は狙います。

広告主が嫌うのは、サイトタイトルで商標を狙うことであって、
個別記事やカテゴリーのトップページで
商標を狙うことは嫌がることはありません。

むしろ、ジャンル特有のキーワード
(薄毛 対策 など)でサイトトップが
上位表示していれば、個別記事で商標キーワードが
上位表示していれば広告主はものすごく喜んでくれます。

日本語ドメインで商標キーワードを取って
上位表示させても、広告主によっては
アフィリエイト報酬の単価を下げられたり
ひどい場合には提携解除になる場合もあります。

なんで、広告主が商標キーワードでアフィリエイターに
上位表示されるのが嫌なのかと言うと
公式サイトより上にいかれると、必要のない
アフィリエイト報酬を払わないとイケないからです。

もちろん例外もあります。

公式サイトが書けないような
ライバル商品との比較とか、実際の使用感
なんかは公式サイトよりレビュー記事のほうが
訪問者にとっては役立つことも多いです。

しかし、今までのアフィリエイターのやり方は
被リンクや量産でとにかく商標で上げて
中身はゴリ押し記事、というのが定番でした。

なので、広告主にとっては、
してほしくない売り方をしていたんですね。

もちろん、広告主だっていろんな考え方の会社があります。

アフィリエイターが売ってくれるお陰様です、
という感じの広告主もいますし、全くそんな事を
思っていなさそうな広告主もあります。

そして、これからのアフィリエイトサイトは、
自分だけが稼げればいい、ということでは
成り立って行かなくなります。

ちゃんとしたビジネスと捉えて、
自分に関わる様々な立場の人が
Win-Winになるようなサイト作りを考える必要があります。

>私もブラック手法で中古ドメインを購入して商標サイトで作成していますが、4位にいても売れません。

Sさんのそのサイトを
拝見していないのでわかりませんが、
コンテンツは訪問者に対してどうなのか?
実際に売れる商品なのか?と言うところですよね。

>初心者は新着商品から選べばいいという情報から新商品をアフィリしているのですが、そもそもその商品が今後売れるかどうかわからないので、順位が下がってきた時に記事を追加していけばいいのか、それはほっておいて次々商標ぺラサイトの量産をしていけばいいのかわからない状態です。

ポチ丸レポートの『まだ笑』を
ご覧いただくとわかっていただけるかと思いますが、
ポチ丸式は、1つのサイトをじっくりと育てる方法です。

自分自身が6,000もペラや数ページの
サイトを作って稼げなかったのでわかりますが、
量産の苦痛はやめてみてやっと分かることかも知れませんね。

でも、今、Sさんはそのことに気付いているので
これを機にやり方を変えて行くと良いかも知れませんね。

>初心者は新着商品から選べばいいという情報から

初心者こそ、売れている商品を扱うべきでしょうね。

もちろん、今後爆発的に売れる商品を、
新着から探し当てれれば話は別ですが、
はじめはなかなか当てることは難しいと思います。

仮に、その商標で1位になっても
その商品に人気がなければ徒労に終わってしまいますよね。

>出来れば一つのサイトをじっくり育てていきたい方なので、今の手法はあまりやる気が起こらないのが現状です。

そうですよね。
今、個別でサポートしている方の中にも
サイトの量産や、記事の量産、機械的な作業が
楽しくない、と相談される方は多いです。

>それに中古ドメイン代やIPサーバー分散用のサーバー代もかかるし、サイトが増えすぎて管理できなくなるのではと懸念しています。
でも稼ぎたい気持ちが強いのでやっています。

楽しくない事を自分にノルマとしてやるのは楽しくないですよね。

そして、
楽しくない作業から生まれたサイトって、
訪問者は楽しいでしょうか?

Sさんが楽しくないのに
訪問者が楽しいでしょうか?

『まだ笑』だけでも、そうではない、
自分のためでもあり、訪問者のためでもあり
広告主、ASPのため、そして稼げるサイト、というのは
量産のサイトとは違う感じは掴んでいただけると思います。

今やられている手法を全て投げ捨てて、
ポチ丸式をやるのは勇気がいるかも知れませんね。

そんなときは、1サイトだけ、
これでいいのでホワイトハットで
サイトを作り始めてはいかがでしょうか。

商標ペラサイトを量産できるなら
ジャンルを絞って、そのジャンルの商品を記事にしていけば
サイトも育ちますし、専門的な知識もついてきます。

そうすれば、各記事も説得力が出てきますし
訪問者からも信頼されるサイトに育っていきます。

その方が、きっと、
作業も楽しいですし、報酬も伸びて行くでしょう。

そして、今から量産や被リンクというのは
ますます稼ぎにくくなって行くでしょう。

2019年になって、本当にそういったサイトが
稼げなくなってしまう前に、方向性を変えてみると良いと思いますよ^^

 

まだ、何かありましたら何度でも聞いてくださいね。

ポチ丸

▲ポチ丸お返事ここまで==========

結局、自分の熱量が出せてないサイトって
自分でもやってて面白くないんですよね。

今、これ書きながら思ったんですが、
もっと、実際に友達とかに「これ良かったよ~」
とか「これはここがイマイチだったよ~」とか
目の前の知り合いに教えてあげてるような

そんな感じで記事が書けると良いんじゃないかと思います。

そして、それが、思わず見せてあげたくなるような
サイトを作っていけば良いんじゃないかと思いますね。

別に、自分のサイトだと言わなくても
「これ、面白い記事だよ」とか
「このサイト参考になるよ」とかね。

あなたは、どんな
見せたくなるようなサイトを作ってますか?

今日はこの辺で、

ではでは^^

今日のメルマガが
何かのお役に立てましたら、

ぜひ、こちらからランキングへの
応援ポチをお願いいたしますm(_ _)m

励みになります!

コメント