【アフィリエイト】伝わるレビュー記事の書き方

伝わるレビュー記事を書くには? サイトアフィリエイト

 

※メルマガタイトル:記事を書き切る

2018年8月22日配信分。

メルマガバックナンバーです。

 

ポチ丸です。

お盆休みはどう過ごされましたでしょうか?

すっかりメルマガは
長い夏休みになってしまいました(汗)

アフィリの作業自体はずっと続けてたんですけどね。

休み明け、
あなたはアフィリエイトやってますか?

記事を書き切ると見えるもの

さて、今日は個別サポートで
ちょっとおもしろい気付きがあったので
シェアしたいと思います。

よく、サイトアフィリとか、
アドセンスでブログを書くとか、

  • 『100記事書いてからが勝負』
  • 『3ヶ月間は毎日1記事ずつ書け』

なんて事が言われています。

ポチ丸も、自分の教材の中では
そんな感じのことは言っています。

でも、これはあくまでも定型の挨拶文のようなもの。

「できたら良いよね」程度に思ってください(笑)

50記事じゃお話にならない、とか
3日に1記事じゃとても稼げない、
なんてことは全くありません。

で、今回、ポチ丸にも気付きをくれた
個別サポート中のTさん。

美容系の商品をASPから
商品提供してもらえるとのことで、
「レビュー記事を書くので
徹底的に添削してほしい」とのことでした。

 

商品画像を丁寧に撮り、
使い方や使用感はわかりやすく動画を撮り
You Tubeにアップし、記事に埋め込む、

商品の特徴や成分、安全性なども解説、
良い口コミ、悪い口コミも掲載、

実際に自分の顔に塗って、
肌の潤いをチェッカーで計って数値化、

用途以外の使い方を試してみたり
ちょっと実験してみたり、
(※服に着くと取れるか?みたいなの)

オリジナル性も出して、
メリット・デメリットも訴求、
買い方も図解でわかりやすく、

返品はできるか?とか買う前の疑問も解消、

という感じで、じっくりと
1つの商品に向き合ったレビューでした。

おそらく、Tさんにとっては
いままでで、一番熱量のこもった
レビュー記事だったのでしょう。

真剣に1次情報を伝えようと
書いたことがよく分かる記事でした。

いくつかの点についてアドバイスしました。

その中で、もっとも大きな訂正だったのが
『画像』です。

商品画像ですね。
これが暗かったんです。

暗いからと言って素人が
フラッシュをたいてしまうと、
貧乏くさい写真になってしまいます。

 

Tさんは、
フラッシュは使っていなかったんですが、
暗い写真でワクワク感がなかったんですね。

ポチ丸は、10年以上前になりますが
楽天市場に、ガーデニンググッズや
おしゃれ雑貨、そして本業の花などの
ショップを出していました。

楽天の店に出す商品のページは
すべて自作です。

 

デザインは、テンプレートがあって
選びながら決めるんですが、
商品画像は、すべて自分で撮っていました。

その時に、独学で行き着いたのが
「写真が一番きれいに取れるのは自然光」
でした。

ですが、アフィリのレビュー記事の時に
部屋の中が暗い場合は、そうも言ってられません。

で、暗い場合はどうするかと言いますと、
これ

 

こんな灯り一つで、
スッキリ明るく、見やすい商品画像が撮れます。

もうちょっと出せば、
小物用なら2,000円くらい出せば
撮影用のキットなんかもありますね。

Tさんは、撮影キット2,000円弱かな?
をすぐに購入、すぐに商品写真を撮り直しました。

ここまでの流れでTさんは
ものすごく集中しているのが伝わってきます。

手直しした記事は、
豊富なコンテンツで網羅性があり
動画や写真でわかりやすく、
中立的な意見で購入時の参考になる
レビューとなっていました。

『書き切った』
という感じのレビュー記事でした。

で、Tさんに聞きました。

「この記事、何日かかりました?」

写真は、これからは1発で取れるでしょうから、
写真の取り直しは除いて3日で書けたそうです。

1記事を3日書けて書く。

 

Tさん自信は、
「いろいろと時間がかかりすぎた」
と感じているようでしたが、

書き切ったと思える記事を
3日で書けたなら、自信になると思いませんか?

このペースでいけば
1月に10記事書けます。

3ヶ月で30記事書けます。

そうすれば、
しっかり稼げるサイトになるでしょう。

薄っぺらい記事を毎日書くよりも
よっぽど素晴らしいです。

おそらく、これからTさんは
レビュー記事以外にも専門的な記事も
書き切ることができると思います。

ポチ丸が個別サポートさせていただいて、
初報酬があったりや急激に報酬が伸びた人は、
このお話が腑に落ちてると思います。

ある程度記事を書いた経験があるなら
1度やってみてください。

『時間をかけて書き切る』

これ、ものすごく難しいことなんですけど
やってみて、書き切った実感が持てると
「どんな記事でも書ける」ような気がしてきます(笑)

これは大きな収穫で、
ニッチなキーワードを探すことに
時間を取られることもなく、

しっかりとアクセスのあるキーワードで
ちゃんと勝負できるようになってきます。

じゃあ、誰でもはじめから時間をかけて
ものすごい記事を書きましょう、
というのかと言うと、これがまた違うんです(笑)

まだ、記事を書くことに慣れてない人は
悩んで手が止まる方がいけません。

「うまく、すごい記事が書けない」
なんて頭を抱えるくらいなら
1日1記事、それも時間を区切って
書き終えて投稿する方が良いです。

時間がなければ、こうです。

「今日はこのキーワードで1時間書く」と決めます。

そして、全力で1時間書いたら
記事の出来栄えは放っておいて
とにかく記事をアップします。

※追記
1時間では難しいでしょうから、
3時間くらいを目標にしてみましょう。

はじめは、書いて記事をアップする、
これに慣れましょう。

その先、例えば3ヶ月後や半年後、
あなたが昔の記事を見て、
「ひどい記事だな 笑」と思ったら

あなたの記事を書く力は、
しっかりと上がっています。

その時に、時間を作って手直ししましょう。

記事を書いた経験のある人は
『書き切る』をやってみましょう。

まだ、記事を書くことに慣れてない人は
『書いて記事をアップする』ことに慣れましょう。

きっとその先には、大きな気付きが待ってます。

大切にあなたのサイトを育てて行きましょう。

編集後記

また、今日もASPの
A8さんからメールが来てましたね。

【ご掲載内容に関してのお願い】
というタイトルでした。

多くのアフィリエイターが
知っておいた方が良いと思うので、
ここで載せさせていただきます。

▼==========

(前略)

ただし昨今、景表法・薬事に遵守せず過剰に掲載をするメディア様が多くおり
お客様からのご指摘が増えているのも事実です。

大切なお客さまのためにも不適切な広告もしくはウェブサイト等に関しまして、
修正指示ないし削除申請を致します。
該当された広告、もしくはウェブサイト等は3営業日以内に対応をお願い致します。

その上で、修正、もしくは削除されない場合、該当の運営者様の提携解除および成果報酬のキャンセル処理(お支払い不可)を行います。

(後略)

▲==========

何度もお伝えしていることですが
広告主が困る紹介の仕方は
本当に自分の首を締めることになります。

薬機法(旧:薬事法)に関しては
最近は注意するアフィリエイターも
増えたと思うんですが、

『景表法』って意外と無視してる
アフィリエイターって多いように思います。

数年前から比べると法律も厳しくなっています。

裏付けのない『最高』『日本一』『首位』
『トップ』『ナンバーワン』などの表現は
きちんとした裏付けがないと使えません。

アフィリエイトする商品やサービスの
販売ページで使っていない表現は
無理やり使わない方が良かったりします。

売りたいがための
誇大な表現にはきをつけたいものですね。

今日はこの辺で、

ではでは^^

今日のメルマガが
何かのお役に立てましたら、

ぜひ、こちらからランキングへの
応援ポチをお願いいたしますm(_ _)m

励みになります!

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

「サイトの量産に疲れた…」
「中古ドメインが当たらない…」
「とにかく記事を書けって言われても…」

これからを生き抜くためのアフィリサイトの
本質的な作りかたを学ぶためのたった1つの教材。

おすすめTHE FOCUS│延べ1,000万円稼いだサイトの設計図

コメント